男女

24時間いつでも売上管理が可能|飲食店なら導入すべきシステム

店舗の出退勤管理を効率化

タブレット

POSレジは、店舗ビジネスにおける売上管理を効率化できる機器です。勤怠管理にも活用することができ、出退勤の管理や給与計算等を容易に行うことができるようになります。POSレジの購入に際しては、最低賃金を引き上げる等の一定の要件を満たせば、費用が助成される制度があります。

リアルタイム管理

店舗

経営戦略上重要

飲食店の売上を管理することは事業を継続するうえで最も大事なポイントになります。しかしこの売上管理については、店を閉店したのちに一日一回しか行っていない店が多くなっています。仕入れは一日に決まったコストを必要とします。しかし売り上げが想定通りにいかなければ、赤字になる可能性もあるのです。そのため、飲食店の売上管理は一日一回では足りず、できる限りリアルタイムで管理することが大事なポイントになります。飲食店はオーナー自ら勤務している事も多く、リアルタイムで売上管理を行う事が難しくなっています。しかし工夫次第でこれを解消することができるようになります。例えば、POSシステムの導入です。レジシステムと連動させることにより売上管理をリアルタイムで行う事ができるようになります。さらに、収益構造などのグラフを確認することもできることがポイントになっています。飲食店では、客単価の平均を算出することである程度の売上の想定を立てることもできます。つまり、何人の客が訪れたかをカウントするだけである程度の売上を把握することもできます。POSシステムの導入などコスト的に難しいのであれば、簡単な計算方法を用いて売上管理を行う事もできるのです。売上をリアルタイムで確認することで次に行う対策を見出すことが可能になります。他のビジネスと同じく、早期に対策を打つことで収益構造を変革することができるのです。ビジネス視点で経営することが大事なのです。

どういった目的で使うか

レジ

自営業でも導入が増えているPOSレジですが、自分が導入する前にどういった意図で使用するか考えておく必要があります。自分に必要な機能や設置場所、使いやすさや保守体制など確認することは多いですが、POSレジを使いこなすことができれば、経営の大きな助けになります。

契約までに疑問点を解消

弁当

まごころ弁当に加盟して営業を開始するまでには、さまざまな工程があります。まずは、資料請求をした後、事業の概要や市場の成長性について理解するため説明会に参加します。店舗見学や市場調査をして出店場所が決定したら、FC契約の締結です。その後は、物件探しや改装工事、研修といった流れで進みます。